« 漢字・ひらがな・カタカナ | トップページ | 著書(ビジネス書・2007~) »

「件名」がない

 「eメールの書き方」について、テキストを書いているのですが、このテーマ、3年くらい前から伝えることが変わったと感じています。

 それまでは、eメールは、「貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」と書き起こす必要はありません、「こんにちは」からはじめてください。そう言うのが、伝えるべきことでした。つまり、書き言葉に対して、話し言葉に近づけていいということです。

 ところが、3年前、新入社員の研修で、アポイントを依頼するお題に対して、「よろしくお願いします☆」という件名が登場してびっくりしたことがありました。そこが伝えるべきことの折れ曲がりの時期だったと思っています。むしろ、話し言葉の延長にある「☆」を使わないこと、といわなければならなくなったのです。

 それまでは、文書文化にあったビジネスマンに、文書文化を必要以上に持ち込む必要はない、と、eメールコミュニケーションの話し言葉のよさを生かそうとしてきました。ところが、これからは、必要以上に携帯の話し言葉文化を持ち込まないようにといわなくてはならなくなったのです。

 今日は、そのことにもうひとつの気づきがありました。
 eメールコミュニケーションの研修の打ち合わせをしていて、「件名を書かない新入社員に必要です」と言われたのでした。ああ、と思いました。これは、あの、「よろしく☆」と同じ文化圏の現象です。

 そういえば、ぼくも子どもも携帯のやりとりをするときは、彼に倣って、件名なしのままやりとりしているのを思い出しました。

 かくて、「件名を入れようね」。これも、ビジネスeメールで伝えるべきことになったのでした。

 追記  
 「結論は先に」といつも言っているのに、最後の「結」と相成ってしまいました。



|

« 漢字・ひらがな・カタカナ | トップページ | 著書(ビジネス書・2007~) »

6.eメール上手になろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「件名」がない:

« 漢字・ひらがな・カタカナ | トップページ | 著書(ビジネス書・2007~) »